看板の役立つ使い道を知ろう

看板はお店や会社などにつけられるものですが、いろいろな目的で使用することのできる便利なものです。例えば、何らかの宣伝目的で使用されることがよくあります。都内に行くとビルの上部に大きな看板が宣伝目的で使用されていることがありますが、とても目立つことからその宣伝価値は効果的です。しかし、その分、かなり費用がかかります。費用がかかっても宣伝効果が出れば、元を取ることはもちろん可能です。また、小さいサイズのものでも宣伝効果を得られることはあります。例えば、小さな飲食店が自作の小さな看板を店先に出していることがありますが、これもまた道行く人の目に留まることはあるはずです。今までそのお店に入ったことのない人に目に留まることができただけでも、店先に置いた意味があるということになります。このように、宣伝目的で利用されることが多くなっています。

看板の宣伝効果について考える。

昔から商店等の軒下には大きな看板が掲げてありました。看板の特徴は目立つように作られていることだと思います。華やかさは少ないですが一目瞭然で何を宣伝しているかが分かります。近くを通れば嫌でも目につくために繰り返し見ていると自然に覚えます。それの宣伝効果は繰り返し見られることによって見た人に宣伝している商品等を覚えてもらうことだと考えられます。従って看板は一目でわかるようなデザイン、文字、イラスト等が工夫されることが必要です。設置場所も通りで目につく所や電車の窓からも目につきやすい電車の沿線等に設置されます。繰り返し見られることで親近感を与え、宣伝している店舗へ客を暗黙のうちに誘導する力があります。今でもそれの宣伝力は大きいと考えられます。人目について分かりやすいようにイラストと大きな字が使われます。他のものと違って見せることで人目を引くような工夫がされています。

看板の効果と重要性について

皆さんは街を歩いていて、お腹が空いたときにはどのようなお店に入りますか。最初から入るお店を決めていたときには関係はないですが、そのようなときではないときには、看板を見て、興味が湧いたり美味しそうと思って入りますよね。また、明るく大きな看板なら遠くからも見えて、わかりやすいですよね。ファミレスなどでは、目立つものがある方が、断然集客率が上がると思います。最近では、お店の外にコルクボードやブラックボードを置いて、お店のコンセプトやおすすめのメニューなどを分かりやすくまとめているところもありますよね。私も、そのようなものがあると、お腹が空いていなくても、街を歩いているだけでも目につき、興味を惹かれてしまいます。なので、そのような一手間をかけた工夫をするだけでも、見ている側からしたら心を惹かれる大きなものに見えたりするのです。

Comments closed