看板において大切なこと

看板において大切なことはやはり、ある程度は目立つということを目的にデザインされないといけないのかもしれません。普通の絵画でしたら、人目で目に入ってくるとかそういったことはあまり関係がないのかもしれませんが、看板となると話は別で、どれだけ美しいデザインであっても、目立たなければあまり効果はないのかもしれません。もっと大きな視点で言うと、商用目的の芸術とそうでないものは、やはり世界観がまったく違ってくるといっても過言ではないのかも知れません、さまざまな作家さんやデザイナーさんがよくそういったことは論じておられますが、やはりアートの世界に生きていたり、それを仕事にしている場合は、避けては通れない問題なのかもしれません。そういったみでもあまり色々な考えにおいてかたくなになってしまったりすると人生大変なのかもしれません。しかし基本アートは楽しいものであると個人的には信じています。

看板があることで人々は喜びます。

看板によって人々の注目度は拡大されていくものなのです。子供たちもきっと喜んでくれるはずです。したがって地域から愛されるテーマを探すようにしましょう。頭を上げたくなるような世界観を再現するのです。マスコットキャラクターの感情をイメージしながら看板の制作に力を入れたいと思っています。観光客にも喜ばれる作品を完成させましょう。作品を観察して心が和むというものが私たちの目標です。このようなメッセージが伝われば幸いです。したがって地域の環境と共に作品にも趣向を凝らしていく必要性があるのではないでしょうか。地域の存在を大事にしてそこから作品の価値を高めていこうではありませんか。看板は感情で人々の心を動かします。だからこそ共感が得られるのです。依頼をする場合はこのようなことを吟味したほうが良いのかもしれません。

街に溢れる看板について

街に出ると看板は必ず目に入りますよね。街の至る所に溢れていて今まで特別気にしたことはなかったのですが、どうやら様々な種類があるようです。例えばビルの中にに入っているお店がよく使っているのが袖看板です。ビルの横にいくつも並んでいたりしますよね。これがないとビルの中にあるお店を見つけるのが大変になりそうです。また、立体感のある文字はチャンネル文字というそうです。これはお店の屋根などでよく見かけます。立体の文字が光っていたりするととても目立ちますよね。他にも屋上広告やポールサインなど様々な種類があります。どれを使うかによってお店の雰囲気も大分変わってくるので、何を使用するかはお店側からするととても重要なことです。しかし雰囲気だけではなく人の目に留まる様に目立たせなくてはいけないのでそこの兼ね合いが非常に難しいと思います。今まで何気なく見ていたものですが、そこには色々な思惑があり、試行錯誤した結果できたものだと思うと今度から注目してしまいそうです。

Comments closed