映画の看板を作る職人

映画館での映画の投影方法は、現在デジタルのものが主流になっています。フィルムを使った上映を続けていた近所の映画館も、時代の波に逆らえず昨年閉館しました。同じように、映画館の外で作品を宣伝する看板もパソコンなどで簡単にデザインして作ることが出来るようになりました。しかし、昔は看板を専門に作る職人の方がいたのです。ご存知の方は少ないと思います。当時は全国に職人がいましたが、現在は日本に数人いるかどうかといったところでしょう。具体的な依頼を受けて作るのですが、作業は画家のようなものです。土台に一から下書きをして色を塗り乾かします。大きいものでは何メートルもあるものもあったそうです。描かれる絵はアニメタッチのものもあれば、写真のような人物画や景色など幅広く書くことが出来る技術が必要でした。今は無くなってしまったに等しい仕事ですが、素晴らしい職人の方がいたという事実を誇りに思います。

お店の看板のでデザインは大事です。

お店の看板はとても重要なのでどんなデザインにするか良く考えてから取り付けると良いと思います。旅行に行くとラーメンやうどんなど汁物が食べたくなり、運転しながらそのようなレストランを探す事があります。遠くてもハッキリ分かる看板を見つけるとその店へ行って食べたくなります。レストランや他の商売をしている場合、大きな道路に面している時は出来るだけ車で運転をしている人が見て、目立つような看板が良いと思います。もし複数のレストランがある場合、遠くから見て美味しそうな雰囲気のあるデザインの方へ行く可能性が強いです。第一に見た印象は大事なので、文字の色やバックの色などに一寸した絵があると、より親しみも感じます。また、レストランの場合、同時にのれんがかかっているとより雰囲気があって良いです。縦長ののぼりも立てると運転していて目立ちます。

あの懐かしの看板が高額で取引

インターネットがまだ発達していなくて、街の小売店がもっと元気だった頃、広告はいたるところにありました。懐かしのカレーや清涼飲料水の広告を街中で子どもの頃によく見たことを覚えています。大人になってから、驚いたのは、そんな懐かしい看板が今、高額で取引されているという事です。テレビを見ていて知ったのですが、マニアの人がいらっしゃって集めている人がいるらしいのです。有名な商品のものは数も多いでしょうから高値にはならないようですが、あまり多く作られなかったものは、希少価値があるみたいなんですね。色が剥げていなかったりして、状態が良ければ高値で取引されることもあるそうです。今はネット時代ですから商品に対して街でPRするのも景観のこともあり、そう激しくする必要がなくなってきています。街の活気にもつながるので、復活してほしいな、なんて思うのは私だけではないと思うのですが。

メール・FAXでのお問合せは24時間受付中です。 のぼり旗でお店をさらにアピールされたいお客様必見! 北海道から九州・沖縄まで全国どこでも8,000円以上お買上げのお客様は送料無料! お買上げ金額8,000円以上で全国発送無料! のぼり旗年間20万枚以上のHP販売実績!大手企業様からも多数ご利用頂いております。 看板は実績豊富な看板サインパートナー

Comments closed